『攻殻機動隊 新劇場版』…おまえのゴーストに従え

「攻殻機動隊」と一口に言っても、その映像化作品には『GHOST IN THE SHELL』『STAND ALONE CONPLEX』『ARISE』と三つの流れがあり、キャラクターや設定がビミョーに違う。
日本製のコミックがクールジャパンを代表するコンテンツとなって久しいが、その中でも「攻殻機動隊」は海外にも数多くのファンを獲得し、ハリウッド映画人にもその影響は及んでいる。最近では日本製コミックをあえてMANGAと表記し、COMICとは区別しているが、そのルーツもクレジットにMANGAと表記した『GHOST IN THE SHELL』あたりではないか。